【在住ライター厳選】ロンドンドラッグスで買えるバンクーバーのばらまき用土産5選!

ロンドンドラッグス入口

カナダのブリティッシュコロンビア州に位置する観光のメッカであるバンクーバー。ここで誰もが知っているドラッグストアといえば「ロンドン・ドラッグス」。バンクーバー市内に10店舗ほどあり、周辺市内でも多く見かけることができます。

そしてここがお土産選びの穴場! というわけで「ロンドンドラッグス」で買えるばらまき用お土産5選を海外書き人クラブ新会員、バンクーバー在住のMAPLE が紹介します!

スポンサーリンク



ちなみにドラッグストアと言っても日本のそれとは大違い。

ロンドンドラッグス店内

薬や化粧品だけでなく、洋服やお菓子やオモチャどころか……

ロンドンドラッグス店内

家電や家具からまで販売しています。日本の「総合スーパー」といった感じです。

とはいえ家具はばらまき土産には大きすぎますね。というわけで小さくて、お手頃価格で、みんなに喜ばれること請け合いの5品を厳選して紹介します。

 

1 メイプルシロップ・ミニボトル

メイプルシロップ

  • Maple Syrup Grade A 3.49カナダドル(約290円)(写真右)
  • Erabl’or Organic Maple Syrup 3.99カナダドル(約330円)(写真左)

カナダは国旗にメイプルリーフをあしらうほど、メイプルシロップが有名です。カナダで生産されているからといって値段が手ごろだと思ってしまいがちですが、純度100%セントのものになると、600グラム程度でも10カナダドル(約850円)ぐらいと結構な値段がします。

ばら撒き用となると手が出ないので、ミニボトルを購入することおすすめします。このメイプルリーフ型のミニボトルは50mlでこの値段はお得。通常お土産屋さんでは5~6カナダドルで売られています。

 

2 メイプルシロップ・キャンディー

メイプルシロップ・キャンディー

  • Maple Bonbons Richard セール価格で1.99カナダドル(約165円)

カナダを象徴するメイプルリーフを模ったメイプルシロップ・キャンディー。あまりかさばらないので大量に買っても荷物や財布にも優しいお土産です。

 

3 メイプル・ティー

メイプル・ティー

  • Maple Ice Wine Herbal tea セール価格で3.99カナダドル(約333円)(写真右)
  • Maple Blueberry Tea 3.29カナダドル(約270円)(写真左)

会社の上司や少しだけお世話になった人へのお土産として、あまり安さを感じさせないのがメイプル・ティー。中身はティーバッグ包装となっていて手軽に飲めます。

 

4 メイプル・キャラメル

メイプル・キャラメル

  • Maple Caramels 5.29カナダドル(約440円)

普通のキャラメルよりも味が少し濃厚な感じがします。小さくカナダ国旗をあしらっているパッケージからもザ・カナダ土産としての印象はバッチリです。個包装となっているので、会社の休憩室や皆が集まるような場所に「カナダ土産です。どうぞ」と一言メモなど添えて置いておくのもいいかもしれません。

 

5 ポストカード

カナダのポストカード

  • 1枚0.5~0.8カナダドル(約40~65円)

お土産を贈る相手によって少し差をつけたいと思った時にはポストカードを添えるといいかもしれません。絵画のような綺麗な風景の写真などが見る人にカナダをイメージさせることができるかもしれませんね。

ロンドンドラッグスには他にもいろいろ見ていて楽しい物がたくさん。かわいい雑貨も豊富ですし……。

ロンドンドラックスの店内

お土産にもなりそうなお菓子も色とりどり。

ロンドンドラックスの店内

また日本ではなかなか手に入りにくい化粧品やスキンケア商品が手軽なお値段で購入できるので、バンクーバーに来た際は必須で立ち寄ってほしい場所です。

以上、【ロンドン・ドラッグで買えるバンクーバーのばらまき用土産5選!】でした。

(文・写真 MAPLE )
スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*