【死語辞典】(60年代) じんじろげ(ジンジロ毛)

(海外書き人クラブがお届けする『死語辞典』が、1960年代に流行った死語「じんじろげ(ジンジロ毛)」の意味をズバリ解説。用例もアリ。これであなたも死語博士!)

スポンサーリンク



そもそもは1961年に森山加代子さんが歌ってヒットした『じんじろげ』という曲(作詞・渡舟人/作曲・中村八大)があった。その「じんじろげ」とはどういう意味かというと……じつは意味はないらしい。大橋巨泉さんの「ハッパフミフミ」とか、外国民謡(?)の「クイカイマニマニ」「サラスポンダ」のように、意味がわからなくてもなんだかクスクス来ちゃうナンセンスなフレーズが流行った時代なのだろう。

その「じんじろげ」が転じて「ジンジロ毛」となる。60年代生まれの筆者はじつは原曲の記憶はなく、こちらの転用の意味しか知らなかった。

さてそのカタカナ+漢字の「ジンジロ毛」、どういう意味だと思います?

知らなかったとしてもかなりの確率で正解されるのではないかと感じるのだが、そう、「陰毛」の意味だ。「もじゃもじゃ」だけど羊毛なんかにくらべて少し硬質なあたりが、まさに「ジンジロ」な感じだ。

とはいえ、ビキニの水着からはみ出す部分を剃っていたりブラジリアンワックスではがしたりして、長さなんかも短く刈り揃えられた「デリケートゾーン」的な陰毛は、「ジンジロ毛」とは呼べない気がする。もともと薄いのもちょっと違う。「ジャングル状態のままのジョリジョリ」した感じこそが「ジンジロ毛」と呼ぶのにふさわしい。

『死語辞典』のチョベリグな使い方

 

1) 1950年代から2000年代にかけての死語の「意味」「時代背景」ドンピシャリと解説。「用例」も極力ワンサカ載せます。

2) 画面上のほうのメニュー欄の「死語辞典」にカーソルを合わせると、年代ごとの死語がモロ見えになります

3) 画面右側の「検索機能(虫眼鏡マーク)」に知りたい死語を打ち込むと、バッチグーな答えが得られます。

4) 世代が違う方とのコミュニケーションギャップも、パーペキに埋められます。飲み会が「どっちらけ~」になることも避けられます。

5) 死語の解説は、管理人の独断により行っています。偏りは重々承知の助。どうぞ許してチョンマゲ! (間違いのご指摘はお待ちしております)

6) 「こんな死語もある」というご投稿もウハウハ大歓迎です(すべて反映するとは限りませんが)。なお、著作権は当ブログの管理人が持つものとします。

7) 盗用や無断使用などのアン信じらブルチョベリバ行為は厳禁。管理人にまずご連絡を。リンクはご自由に貼ってください。

※【愉快な死語辞典】は、2000年に設立された海外在住の日本人ライターの集団(カメラマン、コーディネーター、翻訳者なども含む)海外書き人クラブにより運営されています。詳しくはこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*