【オーストラリア在住ライター直伝】ブリスベンのカリスマ美容師! YUKI Hair Spa 4つのオススメポイント

YUKIさん

今や日本人美容師の数も増えたブリスベン。その中で私がこの数年通い続けているのが「YUKI Hair Spa」です。なかなか予約が取れない(と言っても2~3週間待ちになることはないですが)ことでも知られる人気サロンの魅力はどこにあるのか。カットとヘアカラーをしてもらいながらではありますが、オーナーである渡辺幸弘さん(通称YUKIさん)にインタビューをして探ってきました。

こんにちは。海外書き人クラブ会員、オーストラリア在住の柳沢有紀夫です。

スポンサーリンク



元代官山サロンオーナーのカット技術

カット中

通常、私たちが美容師に求めるものは、とにもかくにもまずカット技術ですよね。YUKIはその点もスゴ腕です。

10年ほど前にオーストラリアに来る前は、東京の代官山でblanc de blancという店を構えていました。そう、オシャレでセレブな匂いがするあの代官山です。青山あたりと並び、東京中、いや日本中のヘアドレッサーが「いつかはあそこで店を持ちたい」とあこがれる街ですよね。

オシャレの最前線である東京の代官山のサロンのオーナーからオーストラリアのブリスベン(最初に来たのはパースだそうですが)というと、失礼ながら「都落ち」感がなきにしもあらず。でも本人は「すこしのんびりしたくて来たんです」とのこと。

日本にいたころは週6日、9~24時まで勤務(昼はセレブな奥様やモデルなどの自由業、夜はビジネスウーマンなどがお客さん。そして勤務時間が終わってからは、新米ヘアドレッサーたちの指導)。休みの日も講習だなんだと仕事がらみの用事があったそうで……ちょっとのんびりしたくもなりますよね。

とはいえ「やっぱり根っから日本人なんでしょうね。仕事がおもしろくて仕方がないんです」と、新たなチャレンジを楽しんでいます。そのあたりのことはのちほど。

とにかく。代官山に店を構えたヘアドレッサーの凄腕スキルを、ブリスベンにいながらにして堪能させてもらえるのですから、私たちは幸せです。

 

2 カット以外も仕事が丁寧

サロン全景

じつは個人的にはあまり書きたくない話ですが、私、白髪染めが必要で、いつもカットのたびにYUKIさんにお願いしています。カットもそうですが、このヘアカラーも本当に丁寧なんです。

代官山の店では、月に500人くらいを担当。今の3倍くらいだそうです。労働時間が長かったとはいえ、来たお客さんを次から次へとカット。人気の美容室はどこもそうですが、カット以外のシャンプーなどはどうしても若い新米やヘアドレッサーの卵に任せることに。カットするだけの「カットマシン」になったような気分で、不満もあったのかもしれませんね。

現在は火曜日から土曜日まで週5日、10~19時の営業。普通の会社員がほとんど残業しないのと同じくらいの労働時間で、しかも無理に予約客を詰め込むことをせず、合間合間で休憩をとっています(余談ですが、だから「予約したのに待たされる」こともほとんどありません)。

担当するお客さんの数は月に150人くらいと、代官山時代の3分の1。その分一人ひとりに対して丁寧に対応してくれます。お手伝いのヘアドレッサーがいる場合はまかせることもありますが、基本的にはシャンプーもYUKIさん自らの手で髪の状態を見ながら丁寧に流してくれます。

 

3 目指すは「ヘアサロン以上」の存在

ヘッドスパ

そんな風にシャンプーやヘアカラーまで自分でするようになって、改めて気づいたことがあります。それは「髪の毛は頭皮から生えている」ということ。いくらきれいにカットしても、頭皮や髪そのものが健康でなければ、美しさにも限界があるのです。どんなにゴージャスなブランド品で着飾っても、体幹が崩れていれば残念な感じになるのと同じです。

そこでYUKIさん、ヘアスパやトリートメント、さらには小顔や増毛エクステといった「髪と頭部のトータルケア」を目指すようになりました。そのキャッチフレーズが「more than a hair salon」。単なるヘアサロンを越えた空間を標榜しています。

髪や頭皮や小顔や増毛エクステなどで相談がある人は、ぜひ

 

4 話題が豊富。夢もいっぱい

YUKIさん

ただのヘアサロンではなく、「more than a hair salon」を掲げるYUKIさん。これからやっていきたいことは、日本の技術をオーストラリアに広めることだとか。

ところが一つ足かせが。美容師として最初に勤めた店が「モデルさんとか外国人客が4割だった」ので、英語でのコミュニケーションもカットなどに関する限り問題はありません。今のお店も4割は日本人以外のお客さん。「でもそれ以上のビジネスの話になると、なかなか英語ではむずかしいところがありますよね。あとオージーのメンタリティーとかも、やっぱり大人になってから来た僕らではつかみきれない部分があるというか」

というわけで、「オーストラリアで育って英語も日本語もネイティブな日本人の若い子とか、営業の部分も担ってくれるビジネスパートナーがいるといいなあと思っています」とのこと。「more than a hair salon」というコンセプトに共感された方、同じような分野で「こんなことをやりたい」という夢がある方、相談に行ってみてはどうでしょうか。

じつはYUKIさん、大学で4年間、経済を学んでから美容師になったという変わり種(高校卒業後、美容師専門学校に通うというのが普通のパターンです)。大学で専門知識や一般教養を学んだというバックグラウンドが、YUKIさん自身を「more than a hair salon」ならぬ「more than a hair dresser」にしていのかもしれません。

 

YUKI Hair Spa more than a hair salon

  • Shop 8 Annerley Arcade, 478 Ipswich Road Annerley, Brisbane, QLD 4103
  • 07 3161 9989
  • 営業日時 火~金曜日10:00~19:00/土曜日10:00~18:00。日・月曜日定休
  • ウェブサイト https://yukihairspa.com.au/home/
  • 営業日時などは変わる場合があります。

【文:海外書き人クラブ 柳沢有紀夫】

 

※ブリスベン、ゴールドコースト、サンシャインコーストで「プロライターの取材を受けてみたい」という方がいらしたら、ぜひ「お問い合わせ」または「海外書き人クラブ」のサイトからご連絡ください。もちろんすべてにお答えできるわけではありませんが。

(「海外在住ライターを使ってみたい」と思われている方。「海外在住ライターになりたいと思われている方。耳寄りな情報があります。ぜひこのページの下のほうまでご覧ください)




スポンサーリンク




スポンサーリンク






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

竹内雄紀最新作『僕の親友はスカートをはいている』

今話題の「人格入れ替わりもの」の中でも最高傑作といわれた『オセロ●○』(ハルキ文庫)のスピンオフ作品が、BOOK☆WALKERで独占先行発売! クラス一乱暴で、学年一口が汚い僕の親友は、なんと学校一の美少女らしい!?友情と恋のはざまで悶絶する青春ラブストーリー!

僕は国立大学の附属中学に通う中学二年生。入学当時からの親友は、口が悪く、尾てい骨まわし蹴りが得意なドラこと龍田川美麗。男勝りの女子だ。僕には理解できないけれど附属中学を代表する美少女らしく、学校中の男子と下級生の女子からしょっちゅうラブレターをもらっている。
そんなドラがある日の帰り道、突然、腕を組んできた! かと思ったら、ドラと「ミス附属」の座を競うと言われている一年生の北里理恵が、僕に急接近!? ずっと親友だと思っていたドラとの関係は、これからどうなってしまうのだろう。まっすぐな青春ラブストーリー!
「笑いと胸キュンの作家」竹内雄紀の初の電子書籍限定本。『悠木ジョシは神かもしれない』と同時に、BOOK☆WALKERで独占先行発売!

ご購入または試し読みはこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*