【日本再発見】寸又峡「夢の吊り橋」徹底ガイド

寸又峡「夢の吊り橋」

寸又峡の「夢の吊り橋」「死ぬまでに絶対見たい」など、国内のみならず海外でも大評判の絶景です。

今回は先日実際に訪れてきた私が、たくさんの画像とともに徹底ガイドします!

こんにちは。海外書き人クラブお世話係の柳沢有紀夫です。

 

アクセスなどは、こちらhttps://www.kaigaikakibito.com/blog/sumatakyou-and-around/)に記したのでご参考に。記事の最後にもう一度リンクを貼りますから、そちらでご覧いただいてもいいかと思います。

それでは「夢の吊り橋」へ、ごいっしょに! ちなみにこのコースは「寸又峡プロムナードコース」という名前で、平均所有時間90分(「夢の吊り橋」での待ち時間を含まず)のハイキングルートになっています。

スポンサーリンク



 

1 寸又峡温泉からの「夢の吊り橋」へ

寸又峡「夢の吊り橋」への道

「夢の吊り橋」までは寸又峡温泉の温泉街の終わったところから徒歩20分ほどの道のり。こんな風な舗装道路ですが、一般車両は通行止めになっています。

入口の向こう、右川にあるのが「寸又峡環境美化基金」とやらの小屋。ここに「無料の杖」が置いてあります。ただ……正直言って持っていくと逆に負担になると思います。というのは約90分の行程のほとんどがほぼ平坦な道で、急な階段などを降りるのも登るのも一ヵ所ずつ。それぞれ5分程度ですから。

「夢の吊り橋」を渡るときも、両側に張られたワイヤーをすぐにつかめるようにしたいので手に余分なものを持っていたくないですし……。

寸又峡「夢の吊り橋」への道

道はこんな感じで歩きやすいです。

寸又峡「夢の吊り橋」への道から見た「猿並橋」

「夢の吊り橋」にアクセスする道から見える景色。それなりに見ごたえがあります。

写真中央部、川を横切るのは「夢の吊り橋」ではなくて、「猿並橋(さんなみばし)」という別の吊り橋です。ここも寸又峡温泉から徒歩10分ほどで行けるので、ぜひ訪れていただきたいところです。詳しくはこちらhttps://www.kaigaikakibito.com/blog/sumatakyou-and-around/)。

寸又峡「夢の吊り橋」への道の看板

途中、こんな風に説明が書かれた看板もあります。

寸又峡「夢の吊り橋」への道

やがて前方にトンネルが見えてきます。

寸又峡「夢の吊り橋」への道のトンネル

トンネル。なかなかいい雰囲気です。

寸又峡「夢の吊り橋」への道から見た山崩れの跡

トンネルを抜けてすぐ右側に見える山崩れのあと。本番の「夢の吊り橋」までの間にあれこれ飽きさせない工夫を入れてくるあたり、某テーマパーク並みに侮れません

寸又峡「夢の吊り橋」への道

こちらはトンネルを抜けてすぐの左側。網にひしゃくがかけられていたので、湧き水か何かだと思うのですが、説明がなかったので飲むのをやめました。

寸又峡「夢の吊り橋」への道。分岐点の看板

トンネルから1分ほどの分岐点。矢印通り、右に下っていく道です。

その矢印の看板に「本日の吊橋は一方通行です」とありますが、大井川鉄道のサイトによると「日中の夢の吊橋は、一方通行です」とのことです。「本日」とか繁忙期だけではなくて、基本的には年がら年中なのではないかと思います。

とはいえ「日中」の2文字がクセモノ。これ関してはのちほど書きます。

寸又峡「夢の吊り橋」手前の看板

前の写真の右側に見える看板。「急な上り階段が続きます」とありますが、道を普通に歩ける人なら幼稚園児でも問題ないと思います(普段杖をついたり、ショッピングカートを押しながら歩いたりしているご年配の方などはむずかしいですが)。

寸又峡「夢の吊り橋」手前

すぐに右手におおっ! 「夢の吊り橋」が見えてきます。

このあと坂道や階段をつづら折りに降りていきます。

寸又峡「夢の吊り橋」手前の行列

そして到着。橋の定員は10名なので、順番待ちの列ができていました。4月上旬の土曜日、ポカポカ陽気のお昼過ぎですが、待ち時間は5分ほど。ただ紅葉の季節の週末になると「2時間待ち」もあるらしい。

テーマパークの人気アトラクション並みですね。

 

2 いよいよ「夢の吊り橋」

寸又峡「夢の吊り橋」

斜め手前から見る吊橋はこんな感じです。

寸又峡「夢の吊り橋」

そして正面からはこう。

右側に「吊橋の定員は10名です」の文字が見えます。

寸又峡「夢の吊り橋」

順番を待つこと5分。いよいよ渡りはじめます。

寸又峡「夢の吊り橋」

橋の途中からはこんな感じ。

寸又峡の夢の吊り橋

そして足元はこう。高所恐怖症なんだから、わざわざこんな写真、撮らなくてもいいのに、私。……それを言ったら、わざわざ吊り橋に来なくていいという話になりますが。

寸又峡「夢の吊り橋」

これが吊り橋の反対側からです。

 

3 渡り終えてから2つの「夢の吊り橋」ビューポイント

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

渡り終わるとすぐに階段がスタートします。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

この看板によると304段。……っていうか、この数字を橋へと下る道の分岐点のところの看板に書いておくと親切だと思いました。

 

ビューポイント・その1

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

階段の途中からも、こんな「夢の吊り橋」が見えます。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコースの分岐点

そして階段を渡り終えると、右のほうに「尾崎坂展望台」とのこと。さてさて、どんな絶景に出逢えるのか……。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコースの展望台

……と思ったらここからは「夢の吊り橋」は見えません。欽ちゃんの「バンザーイ、なしよ」を思い出す世代。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコースのトロッコ列車の展示

この展望台にはかつて使われていたというトロッコ列車が置かれているのですが、風化が……(寸又峡温泉街の大駐車場にもっと状態がいいものが置かれているので、ご興味がある方はそちらをぜひ)。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

で、気を取り直して飛龍橋方面へ。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

謎のハシゴ。かなり気になる存在ですが、案内板がなかったので、良い子の私は登らなかった(登山に来たのであればたぶんチャレンジ)。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコースの「飛龍橋」

そしてこれが飛竜橋でもこの上からは「夢の吊り橋」は見えません。「なんだよ、これ」とふてくされていたら……。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

ちょっと進むと左側にベンチが置いてあって……。

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

おおっ! 木々の間からではありますが、見事に「夢の吊り橋」に再会できました! というわけで、この「特等席」でランチにしました。

ところが……。

 

ビューポイント・その2

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコースから見る夢の吊り橋

食べ終わって、道を20メートルほど進むと、こんな風にバッチリ見られる場所がありました。ひとことだけ言わせていただくと……。

「ベンチつくる場所、間違ってないですか?」

寸又峡「夢の吊り橋」の先。寸又峡プロムナードコース

そして最後にこんなレトロな電話機が迎えてくれます。電話がつながるのは30年前だとか……。

「寸又峡温泉」までの帰りは、行きと同じルートを戻ります。

 

番外編 翌朝早く行ってみた

寸又峡「夢の吊り橋」

じつはその日は寸又峡温泉で泊まったので、翌日の朝食前にもう一度「夢の吊り橋」を訪れてみました。前日は「大混雑」というわけでもなかったですが、次から次へと人が来て、橋の上でも少しせわしなかったので……。

寸又峡「夢の吊り橋」

思ったとおり最初はだれもいなくて、橋の上でのんびりと景色を眺めたり、何往復もしたり……。

寸又峡「夢の吊り橋」からの景色

とはいえ山に囲まれている場所なので、太陽はなかなかあたりません。写真だと違いがあまりわからないかもしれませんが、日が照っているほうが湖面はやはりきれいです。

もし時間が許すのであれば朝ごはんのあと、日帰りの観光客が押し寄せる前くらいが狙い目かもしれません。

 

以上、≪【絶対見たい絶景】寸又峡「夢の吊り橋」徹底ガイド≫でした。

冒頭でもお知らせしましたが、「猿並橋」など周辺のみどころを網羅した記事https://www.kaigaikakibito.com/blog/sumatakyou-and-around/)もアップしています。こちらもぜひご覧ください。

【文・写真 柳沢有紀夫】




スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*