【ニュージーランド在住ライター直伝】手軽で喜ばれるお土産3選

海外旅行の楽しみでもあり悩みのタネでもあるのがお土産。そこでニュージーランドのスーパーマーケットで手軽に買えて喜ばれるお土産を3つ紹介します。

海外書き人クラブ新会員、ニュージーランドの最大都市オークランド在住のやすたたです。

スポンサーリンク



1 マヌカハニー

マヌカハニー

ニュージーランドと言えばマヌカハニー。マヌカハニーと言えばニュージーランド。そう言えるくらいニュージーランドを代表する商品の一つです。ですので、お土産候補の筆頭に考えている人も多いんじゃないでしょうか。実際にニュージーランドで暮らす日本人の間でも、日本へ帰国する際に持って行くお土産として人気があります。

人気の秘密は、マヌカハニーだけに含まれている食品メチルグリオキサールの高い殺菌力が、咳や鼻水といった風邪の症状、整腸作用、やけどや切り傷などに効果があると言われているためです。
おかげで世界的にも注目され、ニュージーランドでも価格が上がってきています。そのために盗難が増えてきて、スーパーマーケットによっては、陳列棚には空のケースを置いておき、会計を済ませてから本物の商品と交換する措置を取っている店もあるくらいです。
それだけ人気のあるマヌカハニーですが、スーパーマーケットで売っているニュージーランドの人たちが日常的に口にする商品は、500gで30ニュージーランドドル(約2,170円)前後から購入できます。

 

2 チョコレート

チョコレート

ニュージーランドの人に人気があるのがチョコレート。そのなかでもどこのスーパーマーケットでも売っているのはこちら、Whittakerのチョコ。(https://www.whittakers.co.nz/en_NZ/products/)
120年以上の歴史があるニュージーランドで人気のチョコレートです。上のリンクからウェブサイトをのぞいてみてください。とてもたくさんの種類があります。写真からも分かるとおりスーパーマーケットでもたくさんの製品が並んでいます。
中でもニュージーランドらしい商品と言えば、Hokey Pokey(ホーキー ポーキー)です。ニュージーランドで人気のアイスクリームの味の一つで、ハチミツや砂糖を固めた甘いものです。
チョコレートはお土産の定番中の定番ですけど、空港や街のお土産屋で売っているチョコレートとはパッケージデザインが何となく違って、お土産っぽくないところがいいと思いませんか。「ニュージーランドで人気のあるチョコだよ」と一言を添えて渡せば、きっと喜ばれると思います。
スーパーマーケットで、250gと日本の一般的な板チョコ5倍の大きさのものが一つ4ニュージーランドドル(約290円)前後で売られています。これくらいの価格なら、いろんな種類をたくさん買ってもサイフに優しいですね。

 

3 ワイン

ワイン

ニュージーランドのワインの輸出量が、20年以上にわたり増えているって知っていますか。旅行のツアーでもワイナリー巡りが人気のオプションの一つになっています。
日本からの玄関口となるオークランドにもバスやフェリーで1時間以内のワイナリーがいくつもあります。ワイヘキ島は、移動手段がフェリーであることや、オークランドの中心地からわずか40分の距離という近さもあってとても人気のあるツアー目的地です。
売り場の写真を見ると一目瞭然ですが、ニュージーランドの人はワイン好きです。私も友人とのパーティーやバーベキューをする際によく持って行きます。また、スーパーマーケットで箱買いをしている人もよく見かけます。
輸出やお土産用のワインは高価格帯の商品が多いですが、スーパーマーケットでな10ニュージーランドドル(約720円)くらいから購入できます。だから箱買いする人が多いんですね。
紹介した3つの商品は、どのスーパーマーケットでも売っているものです。フラッと寄って、サクッと買って、時間も予算も節約! ニュージーランド感たっぷりなのでもらう人もきっと満足! Win-Winなお土産です。
(価格と日本円換算は2019年7月4日現在)
(文・写真 やすたた)
スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*