【マレーシア在住ライター直伝】隠れ家的ビーチスタイルショップ「Matchali」大公開

6月を迎えると、「今年はどこの海に行こう?」とウズウズしだす、そこのあなた。いや、それ以上に「この夏はどんなビーチウェアで決めるか」が気になっているかもしれませんね。

そんなあなたに今、マレーシア・クアラルンプールの女性たちの間で、じわじわとファンを増やす隠れ家的ショップMatchali」(マッチャリ)をご紹介しちゃいます。

こんにちは。海を愛する沖縄出身、海外書き人クラブ会員・マレーシア在住のコン詩子です。

スポンサーリンク



1 まさに「隠れ家」な「お宅訪問」気分が楽しめる

matchaliのドア

マレーシアの中心であるツインタワーから車で約30分。ハイソな住宅街としても知られる「ダマンサラハイツ」(Damansara Heights)地区へ向かいます。

住所を頼りに「38番地、38番地」と呟きながら探し当てたのは……どう見ても店ではなく、普通の一軒家

「あれっ、間違えたかな?」

なんて思う人もいるかもしれませんが、「Matchali」はまさに普通の一軒家をショップにしているんです。

この店は常に営業しているわけではありません不定期に開催される「オープンハウス」で訪れるか、「事前予約」が必要。今回はインスタで開催を知ったオープンハウスに潜入しました。

ワクワクしながら中へ入ると「グッモーニン!」と眩しい笑顔で、オーナーのフランス人女性が出迎えてくれました。

matchaliのレモネード

すぐに出てきたのは、オリジナルのお菓子とレモネード。

「このお菓子は祖父のレシピよ。フランスでは夏の定番なの。レモネードは砂糖入りになさる?」

チェリー入りのお菓子を食べながら、フランス人マダムの邸宅に招待された気分で、すでにリラックスムード

matchaliのプールサイド

プールサイドに横たわる猫ものんびりで、まずはこの雰囲気にハマることうけあい。

 

2 1点モノのハンドメイド商品をじっくりと選べる

matchaliの商品

さて、いよいよ商品を見ていきましょう。

matchaliの商品

ビーチやプールで、風をはらんで心地よく揺れるウェアは、インドで型押しされたハンドメイド生地をマレーシアで縫製したもの。エスニックの中に、どこかフレンチシックな色味と、絶妙なふち飾りのセンスが光ります。

縫い目を見せない熟練技にもご注目。じっくり手に取りながら、試着しては鏡を眺めて、を焦らずにできるのもいいところ。身にまとうごとに、じわりハマり度が上がります。

 

3 ビーチ以外でも役立つアイテムがゲットできる

matchaliの商品

Matchaliにハマるポイント3つ目は、ビーチだけでなく、買ったその日から使えるお役立ちアイテムがあること。

matchaliの商品

肌触り抜群のパレオやストールは、キュッと手持ちのバッグに結んでも素敵で、ショッピングモールの冷房や街歩きの日よけはもちろん、モスク観光で頭に巻いたり機内で喉を守ったり

どこでも海を感じさせてくれながら、ビーチの外でも大活躍なのです。

ちなみに、ストール系はRM50(約1,400円)~RM100(約2,800円)ほど(2018年5月時点)。

matchaliの商品

筆者がゲットしたブルーの珊瑚柄バッグは、まもなく沖縄の海辺デビュー予定!

いかがでしたでしょうか。今年はひと味違うビーチスタイルで、砂浜を歩きたくなってきましたよね?

クアラルンプールで「Matchali」を手に入れたら、次の旅はどこへ行こうか、というワクワクも一緒にお持ち帰りください。それでは、Jumpa Lagi(ジュンパラギ=またね)!

Matchaliインスタグラムはこちら

Matchaliフェイスブックページはこちら

【文・写真 コン詩子】



スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Elin より:

    ありがとうございました。order custom essay

    1. Yukio Yanagisawa より:

      こちらこそありがとうございます。

コメントを残す

*