【死語辞典】(80年代) お茶する

(海外書き人クラブがお届けする『死語辞典』が、1980年代に流行った「お茶する」の意味を解説します)

 

スポンサーリンク



「ええっと……正座して、でっけえ茶碗を三回まわしてから、苦いお茶一気に飲み干して、『結構なお手並みでした』とか言わなきゃいけないんだっけ?」などとドギマギする必要はまったくない。「お茶する」とは茶道とはまったく関係なく、「喫茶店に行く」または「喫茶店やカフェに行ってコーヒーや紅茶を飲みながらおしゃべりする」という意味

友だち同士で「授業終わったらお茶しない?」と誘いあったりする。

また「ねえねえ、カノジョ、お茶しない?」は、当時のナンパの決まり文句だった。この言葉、私も何度も練習したが、小心者ゆえ一度も使ったことがない。

ちなみに関西の一部地域では「茶~しばく(チャーシバク)」といったとか。「しばく」というのは「しばくぞ、われっ!」の「しばく」で、つまりは「叩く」とか「暴力に訴える」というのが原義だと思うのだが……。その後「牛しばく(→吉野家に行く)」「鳥しばく(→ケンタッキーフライドチキンに行く)」「ネズミしばく(→某テーマパークに行く)」のような使い方をされたが、標準語で「牛する」「鳥する」「ネズミする」といった言い方はされなかったと思う。

それから「お茶しない?」と言うのに、飲むのは紅茶でなくてコーヒーであることがほとんどなのはなぜだろうと、当時すごく気になっていた。そんな変人、モテるわけないよね。

【関連語】 だべる

『死語辞典』のチョベリグな使い方

 

1) 1950年代から2000年代にかけての死語の「意味」「時代背景」ドンピシャリと解説。「用例」も極力ワンサカ載せます。

2) 画面上のほうのメニュー欄の「死語辞典」にカーソルを合わせると、年代ごとの死語がモロ見えになります

3) 画面右側の「検索機能(虫眼鏡マーク)」に知りたい死語を打ち込むと、バッチグーな答えが得られます。

4) 世代が違う方とのコミュニケーションギャップも、パーペキに埋められます。飲み会が「どっちらけ~」になることも避けられます。

5) 死語の解説は、管理人の独断により行っています。偏りは重々承知の助。どうぞ許してチョンマゲ! (間違いのご指摘はお待ちしております)

6) 「こんな死語もある」というご投稿もウハウハ大歓迎です(すべて反映するとは限りませんが)。なお、著作権は当ブログの管理人が持つものとします。

7) 盗用や無断使用などのアン信じらブルチョベリバ行為は厳禁。管理人にまずご連絡を。リンクはご自由に貼ってください。

※【愉快な死語辞典】は、2000年に設立された海外在住の日本人ライターの集団(カメラマン、コーディネーター、翻訳者なども含む)海外書き人クラブにより運営されています。詳しくはこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*