【海外在住ライター直伝】外国人にも勧めたい「日本の絶景」ベスト8

三湖台

「外国人にも勧めたい日本の○○」シリーズ。第4弾は「絶景」です。

こんにちは。海外書き人クラブお世話係の柳沢有紀夫です。

小さな島国だけど……いや、小さな島国だからこそ変化に富んだ絶景が見られるのが日本ですよね。

そして今回もすべてライターたちが実際に訪れて、「ここは!」とお勧めしたくなった場所。ただそういうわけで全国津々浦々すべての場所を紹介しているわけではないこと、ご理解ください(「順位」ではなく北の地方から紹介しているのも毎度同じです)。

スポンサーリンク



 

でも今回は北は北海道から南は沖縄までそろいました

 

1 ファーム富田 (北海道・空知郡)

ファーム富田

夏の北海道を訪れる人に大人気なのが、ラベンダー畑でお馴染みのファーム富田。ラベンダー畑だけでなく色彩の丘ではいろんな色の花が虹色のように咲いていて見事なものです。

夏季は富良野駅からゆっくりと景色を眺めながら行くトロッコ電車の「のろっこ号」に乗車し、臨時の「ラベンダー畑駅」で下車することもできます。

お花をみる以外にも甘くてジューシーなカットメロンやメロンジャムやメロンあんこが入ったオリジナルのメロンパン、北海道名物の白いトウモロコシなど大自然の中、太陽をいっぱいに浴びたおいしい果物や野菜を食べるのもひとつの楽しみ。

富良野から美瑛までの国道237号線沿いにはいくつものお花畑があり、「花人街道」の愛称で親しまれています。

  • りんみゆき(香港在住)

ファーム富田 (北海道)

  • http://www.farm-tomita.co.jp/
  • 北海道空知郡中富良野町基線北15号

 

2 東京タワー(東京都・港区)

東京タワー

昭和33年に333メートルの電波塔が完成しました。私と同世代ということもあり、とても身近に思えます。どんなにスカイツリーが代わってできたとしても、東京タワーが東京のシンボルだと思う人がたくさんいます。テレビで東京タワーの見えるマンションに住む人は都会の人ではない、地方出身者だとコメンテーターが言いましたが、これだけ雄大な見事なタワーは東京の人の憧れです。特に我々世代の強い憧れです。

現在は3つ目に当たる特別展望台のリニューアルに向けて24時間もライトアップされています。

東京タワーと増上寺

徳川家の菩堤寺の一つ増上寺とともに楽しみたい場所です。

  • パッハー眞理(元オーストリア・ウィーンおよびインド・ニューデリー在住)

東京タワー

  • 東京都港区芝公園4-2-8
  • https://www.tokyotower.co.jp

 

3 東京湾クルーズ(東京都)

東京湾クルーズ

都会のビッグな空気を感じるためにも、ぜひ食事付きの東京湾クルーズに参加したいものです。イタリアン、フレンチ、寿司に、オーストラリアのオージービーフ三昧のコース、単に軽くサンドイッチ、カクテルのコースなど2時間に及ぶ昼間のクルーズは色々なバリエーションを揃えています。

東京湾クルーズ

にこやかなスタッフが料理の説明をしてくれて、クルーズの見所も教えてくれます。東京オリンピックのボート競技場になる会場も船から見ることができます。天空をデッキの上で仰ぎながら飲む冷えたビールは最高の思い出になるはず。

東京湾クルーズ

もちろん、ディナーコースも各種あり迷ってしまいます。特に海から遠いところに住む大陸のヨーロッパ人はこのような大型船に乗船する機会もあまりないのでとても喜ばれました。行き交う屋形船を見ながらのシンフォニークルーズは素敵なバケーションが期待できます。

  • パッハー眞理(元オーストリア・ウィーンおよびインド・ニューデリー在住)

東京湾クルーズ

  • https://www.symphony-cruise.co.jp

 

4 竜宮窟(静岡県・下田市)

竜宮窟

海が作り出した神秘的な洞窟に行こう! しかも関東!

伊豆下田にある竜宮窟は波の浸食によって削られた洞窟で、海に向かって小さなトンネル状の穴と、頭上には大きな天窓のような穴が開いています。

竜宮窟

竜宮窟

上から洞窟を眺めることも可能で、下の洞窟の姿がハートの形に見える事から恋愛のパワースポットとも呼ばれているそうです(私が訪れた時にはその情報を知らず写真がありませんごめんなさい)。

歩いてすぐの場所には海岸の目の前に人の手を加えていないサンドスキー場があり、美しい海を眺めながら自然の滑り台で遊ぶこともできます!

竜宮窟そばのサンドスキー場

都会の観光に疲れてしまった外国人の方に是非おすすめです!

  • 小松麻美(スペイン・バルセロナ在住)

竜宮窟

 

5 三湖台(山梨県・南都留郡)

三湖台

富士山と樹海、湖を一望できる穴場の絶景スポット!

鳴沢村氷穴の近くにあるトレッキングコースの一部で、駐車場から歩いて30分ほどの場所にあります。コースも険しくなく気軽にトレッキングするには丁度良いコースです。

外国人観光客に絶大な人気を誇る富士山ですが、どのスポットも人が多くてうんざりすることもしばしば。しかし三湖台は絶景スポットにも関わらずとても静かで、のんびりお弁当を広げてトレッキングの途中で休憩する人がいる程度です。

三湖台

ここから眺める富士山はもちろん絶景なのですが、私がいつも感動するのは樹海の広さとどこか神秘的な美しさに圧倒されます。密度の濃い木々がとてつもなく広大に埋め尽くされていて、これは迷ったら抜け出せないな……と毎回感じます。

何度か外国人の友人を連れて行きましたが非常に好評で、特に富士山に登ったけれど人が多くて疲れた経験のある人たちには100%喜ばれます!

ぜひおにぎりを持って登ってくださいね!

  • 小松麻美(スペイン・バルセロナ在住)

三湖台

 

6 昇仙峡(山梨県甲府市)

昇仙峡

昇仙峡は全国観光地百選「渓谷の部1位」「平成百景2位」にも輝いている山梨県の秘境です。「石門」と呼ばれる自然に出来た石のトンネルや仙娥滝(せんがたき)、奇岩・奇石が多く見られ、自然が作り上げた絶景を堪能できます!

昇仙峡

昇仙峡の目と鼻の先には、世界的に有名な影絵の巨匠である藤城清治が監修した世界初の影絵美術館「昇仙峡・影絵の森美術館」もあります。昇仙峡に行けば、アウトドアと美術館鑑賞を同じ地域で味わえるという点からも外国人におすすめです!

  • 石川寛久(ルーマニア在住)

昇仙峡(山梨県甲府市)

 

7 如意ヶ嶽(大文字山)(京都府・京都市)

如意ヶ嶽

銀閣寺の裏手にそびえる、標高474メートルの如意ヶ嶽。五山の送り火で知られており、「大文字山」とも呼ばれます。

約1時間、軽いトレッキング程度(登山ほどハードではないけれども、うきうきハイキング気分で行くとちょっと辛い)の行程をえっちらおっちら山頂まで登ると、眼下にはご褒美のように贅沢な眺めが! アウトドア好きの観光客にお勧めしたい絶景スポットです。

  • 大井美紗子(アメリカ在住)

如意ヶ嶽(大文字山)

 

8 慶良間諸島(沖縄県)

慶良間諸島

山の上からでも海の底が見透かせるほど、透明度の高い慶良間諸島の海「ケラマブルー」と呼ばれ、世界中のダイバーを魅了しているそうです。

私自身はダイビングをしないのですが、一日中、いえ1週間ぼーっと眺めていても全く飽きないくらい美しい海でした。那覇から高速船で約30分。日帰りでもいいので足を伸ばしたい絶景スポットです。

  • 大井美紗子(アメリカ在住)

 

以上、「外国人に勧めたい日本のベストスポット」でした。じつはこの中で私が言ったことがあるのは、たった2ヵ所。まだまだ知られざる絶景も多いのでしょうね。

 

【「外国人に勧めたい日本の○○」シリーズ】の他の記事もぜひご覧ください。

  1. 発表! 外国人にも勧めたい日本の神社仏閣ベスト18
  2. 発表! 外国人にも勧めたい日本の庭園・公園ベスト8
  3. 発表! 外国人にも勧めたい日本の温泉ベスト8
  4. 発表! 外国人にも勧めたい日本の絶景ベスト8
  5. 発表! 外国人にも勧めたい日本の街並みベスト11
  6. 発表! 外国人にも勧めたい日本の美術館・博物館ベスト11
  7. 発表! 外国人にも勧めたい日本の動物園・水族館ベスト13
  8. 発表! 外国人にも勧めたい日本の伝統ベスト11
  9. 発表! 外国人にも勧めたい日本の城ベスト8
  10. 発表! 外国人にも勧めたい日本の島ベスト8
  11. 発表! 外国人にも勧めたい日本の鉄道ベスト9

 

【文・海外書き人クラブ】

 

(「海外在住ライターを使ってみたい」と思われている方。「海外在住ライターになりたいと思われている方。耳寄りな情報があります。ぜひこのページの下のほうまでご覧ください)




スポンサーリンク




スポンサーリンク






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*