【イギリス在住ライター直伝】ロンドン以外でもイギリスを堪能できる場所5選

イギリスの空港

イギリス旅行といえば真っ先に思い浮かぶのがロンドン。でも他にも魅力的な場所がたくさんあります。

今回は、そんな英国のおすすめの場所5つを在英歴25年でサウス・ヨークシャー州在住、海外書き人クラブ新会員KYOKAがご紹介しましょう!

昨今、EU離脱(BREXIT)問題やイスラム教徒によるテロ事件、そして若者間で上昇しているナイフ事件など、様々な問題を抱えて揺れに揺れている状態のイギリス。そんな中でも、英国には海外からの観光客は後を絶ちません。
スポンサーリンク




理由は簡単。観光や留学、就職など、何をするにも英国には様々な魅力がたくさん詰まっているからです。特に、多文化・多人種の入り交じった大都市ロンドンには日本人も多く、日本食料品店や日本食レストラン、日本人コミュニティも充実しています。ロンドンは、英国を訪れたことがない人にとっては外せない場所でしょう。でも、英国にはロンドン以外にもとっておきの場所がいくつも存在します。つまりは、ロンドンだけでは見えない英国の魅力が、そこに存在しているのです。

 

1 York(ヨーク)

ヨークの街並み

英国で中世の雰囲気を味わいたいなら、ヨークシャー北部にある都市ヨークがイチオシです。イングランド北西部に位置するチェスター同様、ヨークには中世の雰囲気がたっぷり!

中でも、ヨーク大聖堂やシャンブルズと呼ばれる石畳の舗道は有名。中心地は小さくまとまっているので買い物もしやすく、駅のすぐ近くには子供連れの家族には嬉しいヨーク国立鉄道博物館(無料)もあり、電車を降りた瞬間からヨークへの旅が始まります。

買い物に飽きたら川沿いを散歩するも良し、クルーズ船に乗ってみるも良し、またベンチで寛いだり古い城壁の周りをゆっくりと歩いてみるも良し。近くにYork Castle Museumがある公園もあり、ロンドンからの日帰りでも1泊旅行でも充実した時間を過ごせます。大都市ロンドンにちょっと飽きてしまったら、ロンドンのモダン・テイストとのギャップを感じさせてくれるヨークシャーへの旅がおススメです。

 

2 Whitby(ウィットビー)

ウィットビーの街並み

英国に存在する多くの港町の中でも特におススメなのが、北ヨークシャー州北海に面する港町、ウィットビーです。英国人の間では古くから「リゾート地」として知られていますが、アートな雰囲気漂うコンパクトな港町としても数多くのアーティストが集まる場所となっています。

週末に訪れたい場所としても人気で、海では観光クルーズの他イルカやクジラウォッチングのクルーズもあり、エンターテインメントも充実。気温が暖かいイングランド南部と違い、少し寒々とした雰囲気が否めない港町ですが、それもホラー小説「吸血鬼ドラキュラ」の舞台になったと聞けば納得。町の中心もこじんまりした空間にカラフルでユニークなお店やカフェなどモダン・ブリティッシュらしい雰囲気が凝縮されていて、この小さな港町を訪れる人は後を絶ちません。ウィットビーは、ロンドンとは異なる独特な雰囲気を味わえるイングランド北部のおススメの場所です。

 

3 Exeter(エクセター)

 エクセター大聖堂

日本人の数はそれほど多くないようですが、「住みやすくて素晴らしい」と言う日本人留学生の声があることからも、その魅力ががうかがい知れる都市としてイングランド南西部デヴォン州にあるエクセターがあります。

エクセターは、イングランドの中でも比較的気温が安定しているために、憧れて移り住む英国人も多く、観光客にも人気の都市となっています。見どころは、何と言ってもエクセター大聖堂。息を飲むような荘厳な佇まいの大聖堂は、市民の憩いの場となっています。更に名門エクセター大学の他、歴史を感じさせる建築物が市内には建ち並び、リバーサイドは非常に美しくのんびりと散歩するにはもってこいの場所です。

 

4 Hastings(ヘイスティングス)

ヘイスティングスの海岸

ロンドンからほど近いシーサイドタウンで有名なのは、Brighton(ブライトン)ですが、このヘイスティングスもロンドンからの日帰り小旅行にはもってこいの距離にあり、ブライトンの華やかでアーティステックな雰囲気とはまた一味異なる古き良き英国のシーサイドタウンを楽しめます。

見どころはなんといってもイギリス最古の漁港があると言われる旧市街と、モダン・カルチャーが混合した新市街。そしてもちろん、ヘイスティングスでは海辺の街ならではの美味しくて新鮮な魚介類が豊富。多くのグルメ好きが集まると言われている場所だけに、訪れた時にはぜひともここでのシーフード料理を楽しんでください!

 

5 Inverness(インヴァネス)

インヴァネスの街並み

イングランド、ウェールズに負けないほど英国の魅力が詰まった場所といえば、やはりスコットランド。その中でもハイランド地方は英国内で最も美しい地域と呼ばれるほど、その大自然は圧巻。

スコットランドではエディンバラやグラスゴーなど主要都市があり、観光や留学生も盛んですが、筆者の独断で是非お薦めしたいのがハイランド地方にあるインヴァネスという都市です。

エディンバラからローカル線で北に向かって3時間と、かなり時間はかかりますが、英国では北へと向かう旅はのんびり・ゆったりがつきもの。ハイランド地方の駅に降り立つと、澄みきった空気の良さに感動です。インヴァネスでの見どころは多々ありますが、川の側の古城もそのひとつ。古城から見下ろす景色や川・海・森の大自然はまさに英国の美しさそのもの。英国の地図で見ても、インヴァネスは北部に位置していて冬は寒さが厳しいですが、夏は白夜に近い状態で、観光のベストシーズンといえるでしょう。近くには英国最高峰の英国最高峰のベン・ネビス山やネス湖もあり、広い範囲で自然を思う存分楽しむことができます。

 

さて、筆者の独断と偏見で選んだ5つのおススメ英国の旅、いかがでしょうか。英国には有名な観光地も多いので、英国が好きで何度か訪れてはいても、まだ足を運んだことがないという場所も結構多いかと思います。本当の英国を味わうにはもってこいといえる場所は、意外にもロンドンではないかもしれません。今後の英国への旅が、あなたにとって第2の故郷と感じられるほど、魅力的なものとなりますように!
(文・KYOKA 画像すべてpixabayのパブリックドメインのもの
スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*