【海外ライターに12の質問】オランダ在住倉田直子さん

倉田直子顔写真

海外在住ライターの「仕事ぶり」だけでなく、「人となり」をご覧いただく【海外ライターに12の質問】。第10回はオランダ・ハーレム在住の倉田直子さんの登場です。

スポンサーリンク



 

【倉田直子 プロフィール】
オランダ在住ライター/タイニーハウス・ウォッチャー。リビア(革命から脱出)、英国スコットランドでの生活を経て、2015年よりオランダ在住。主な執筆ジャンルは、オランダの教育・子育て事情、タイニーハウスを中心とした建築関係など。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」は、2019年度の東京大学教育学部附属中等教育校の入学試験に採用された。

 

1 これまでの略歴を教えてください。

メーカー企業の宣伝部員として社会人デビューしましたが、2004年頃から映画レビューを中心とした映画ライターとしての活動を始めました。
けれど結婚にともない、海外生活をするように。海外だと映画の試写など見られないので、映画ライターは引退しました。
そこからは、海外生活や文化などについても執筆するようになり、同時に「海外書き人クラブ」にも所属しました。

 

2 Youは何しにその国へ?

オランダの風車

オランダに住むようになったきっかけは夫の仕事都合でしたが、美しい風景にすっかり魅了されてしまいました。すぐに私個人の名義でフリーランスビザを取得して、いまに至ります。

 

3 ライターなどの仕事を始めたきっかけは?

メーカー企業の宣伝部員として働いていたのですが、文章を書くことが好きだったので、「ライターになりたい」と考えるようになりました。映画を観ることも好きだったので、映画レビューを中心とした映画ライターとしての活動を始めました。

けれど、夫の異動にともない、初の海外生活を北アフリカのリビアでスタートしたんです。海外だと映画の試写など見られないので、映画ライターは引退しました。でも当時のリビアの生活って、日本の常識からは考えられないことばかりで……。住所がないとか、地図がないとか、意味が分からないですよね。そこで、当地のことを執筆するようになったんです。

けれど、2011年2月に起こった「アラブの春」に端を発したリビア革命で、現地の治安が一気に悪化して。空港が閉鎖される前日に、なんとか脱出しました。
その次には、イギリスのスコットランドに引っ越し。暑い国から、寒い国へ(笑) そこで4年過ごした後、満を持してオランダに移住しました。

 

4 ライター以外の仕事はしていますか? それはどんな?

オランダの企業が日本人ユーザー向けに発信するインスタグラムの運営、いわゆる「中の人」も請け負っています。文章ばかりでなく、どのようなタイミングでどの商品をアピールするかといった戦略もまかされているので、非常にやりがいがあります。かつて宣伝部で働いていた経験も生かせています。

 

5 世界一好きな場所はどこですか?

サハラ砂漠です。
実は、夫とのなれそめも砂漠がきっかけだったんです。モロッコ旅行でサハラ砂漠を訪れた私と、当時アルジェリアの砂漠でフィールド・エンジニアとして働いていた夫が「mixi」の「砂漠コミュニティ」に同時期に所属していたことから縁がつながりました。

 

6 いちばん好きな小説はなんですか?

「星の王子さま」です。外国旅行の際は、なるべく現地の本屋に立ち寄って、ご当地の言葉で書かれた「星の王子さま」を購入します。そういえばこのお話も、サハラ砂漠が舞台ですね。

 

7 会ってみたい人は誰ですか?

歴史上の人物に、会いたい人がたくさんいます。アレキサンダー大王クレオパトラレオナルド・ダヴィンチとか。日本だと、聖徳太子坂本龍馬ですかね。

 

8 趣味や余暇の過ごし方を教えてください。

映画鑑賞です。実はいまの家のすぐ近くに映画館があるので、時間を見つけて見るようにしています。私のオランダ語レベルはまだビギナーレベル。でもオランダは、子供向け映画以外は原語のまま(オランダ語字幕)で上映してくれるので助かります。

 

9 仕事場はどんな感じですか?

リビング・ダイニングの片隅にパソコンデスクを設置して、仕事スペースにしています。いつか、大きな書架も置ける書斎をもちたいです。

 

10 使っているSNSは何ですか? いつから?

フェイスブックは2008年、ツイッターは2010年から始めていました。インスタグラムは、確か2015年に始めました。
使い分け方としては、フェイスブックは離れて住む友人たちとの近況報告ツール、ツイッターは情報収集とアイディアの備忘録、インスタグラムはプライベート画像の記録、というすみわけにしています。ツイッターで集めた情報やインスタグラムに投稿した画像を、後にブログや「note」(文章発信サイト)でまとめて投稿したりもします。

 

11 生まれ変わったら何になりたいですか?(職業でも動物でもモノでも)

生まれ変わったら、猫になりたいです。あの自由きままさがたまりません。

 

12 最後に一言!

オランダのタイニーハウス

オランダは九州程度の面積しかない小国ですが、びっくりするような魅力にあふれた国です。「世界一幸せ」と言われる子供たち、小学校の自由な教育、最先端のIT農業、タイニーハウス・ムーブメントの流行、世界一の性教育、ソフトドラッグの寛容政策などなど、日本人から見ると考えられないことばかり。その魅力を語りたくてうずうずしています。機会があれば、ぜひ書かせていただきたいです!

 (「海外在住ライターを使ってみたい」と思われている方。「海外在住ライターになりたいと思われている方。「海外書き人クラブ」の公式ウェブサイトをご覧ください)

スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*