【シアトル在住ライター直伝】アメリカ・シアトルのばらまき用お土産5選。ぜ~んぶ5ドル前後!

シアトルの風景

シアトル、またの名を「エメラルド・シティー」。水と緑に恵まれ、その名の通り翠玉色に輝く美しい都市です。

そんなシアトルで、5ドル前後で買えるおみやげを紹介します。

スポンサーリンク



 

豊かな自然のお陰で、おいしい名産品には事欠きません。

たとえば、サーモン、ベリーのジャム、生はちみつ

シアトルのおみやげ「サーモン」

地元ファーストフード店「アイヴァース」のサーモンチャウダーやフライ、ぜひご賞味を。お土産にはスーパーでスモークサーモンやサーモンジャーキーを

それから、ビール、ワイン、コーヒー豆

シアトルのおみやげ「ワイン」

シアトルのあるワシントン州は、全米で一、二を争うほどマイクロブルワリーが豊富と言われています。シードル(りんごのお酒)も旨い!

 

シアトルのワイナリー

アメリカでも有数の質を誇る水、そして冬でも温暖な気候のお陰で、ワインもおいしいと評判。ワイナリーでは試飲し放題

シアトルのおみやげ「コーヒー豆」

シアトルは言わずと知れたスタバの発祥地。でも、本当においしいのは地元ロースターの豆。カフェ・ヴィータ、カフェ・ラドロなどが人気

 

ガイドブックを見ると、おすすめのお土産はだいだいこんな感じです。

ただ……。

ジャムもはちみつも、ぜんぶ重たいんですよね。

サーモンやコーヒーは荷物に匂いが移りそうだし、瓶モノは割れるリスクがある。アルコールはだいたい3瓶以上買ったら関税がかかるし。

家族や恋人など、近しい人に買っていくならまだガマンしましょう。でも、ばらまき土産でそんなリスクは冒したくない。

ばらまき土産って、もっと気軽なものじゃないですか。友だちに「そういや旅行してきたよ~」と報告したり、親戚の集まりで話題のタネを提供したり、職場で「次の連休も有給つなげて旅行しますんで」とけん制したりするためのものじゃないですか。

 

だからこそ、

  • 軽い
  • 匂わない
  • 割れない
  • もらっても負担にならない≒消えモノ
  • 安い

が重要!

それらを条件に、シアトルのオススメばらまき土産を5つ選んでみました。ぜんぶ5ドル前後。スーパーとか雑貨店とか空港とか、いろんなところで買えます。

申し遅れましたが、わたくしシアトル在住歴2年の小太郎です。これからシアトルに行かれる方の参考になれば何より! それでは参ります。

 

1 ビーチャーズのチーズクラッカー(1袋3ドルくらい)

ビーチャーズのクラッカー

いきなりクラッカーかよ、割れるじゃん。と思われるかもしれませんが、店頭のクラッカーもたいてい割れているので心配ご無用です。

ビーチャーズは、ナチュラルチーズの専門店。シアトルのお買い物天国「パイク・ストリート・マーケット」に本店があるのですが、このクラッカーは普通のスーパーでも買えます。

お酒のお伴にぴったりだし、安心素材なので小さい子どもも食べられる。チーズが濃厚でおいしい! 老若男女問わず喜ばれるお土産です。なにより軽い

 

2 ターキッシュ・デライト風のお菓子(1箱5ドルくらい)

ターキッシュ・デライト風のお菓子

どういうカテゴリーの商品なのかなかなか説明しづらいんですが、ターキッシュ・デライト(ロクム)のような、フルーツやナッツをコーンスターチで固めたお菓子です。

日本のお菓子でいうと、みすず飴(こんな説明で伝わるのかな……)。

シアトルのあるワシントン州は、クランベリーやブルーベリーなどベリー類の生産量が高く、だから重たいジャムも地元産の良いのが揃ってる訳なんですが、そのベリーの恵みを軽めに凝縮したのがこのお菓子なんでございます。

果実の甘酸っぱさを生かしているので、通常のアメリカンなお菓子のようにこってりとした甘みは無し。甘いものは苦手というわたしの家族にも好評でした。

ひと箱20粒、個包装じゃないのが難点ですね。職場や飲み会で一気に回覧する、というような場合におすすめです。

 

3 板チョコ(ひとつ3ドルくらい)

シアトルの板チョコ

シアトルはチョコレート店の激戦区です。オバマ前大統領も愛したという(この形容、他にも色んなものに使われていて辟易ですが)「フランズ」の高級チョコレートから、その名もずばりの「シアトル・チョコレート」。はたまた、卸しはせずにリアル店舗のみで販売する「チョコレート・マン」「チョコラティ」……。その激戦ぶりたるや、歩けばカカオ豆に当たるかのごとし。

その中でばらまき土産に最適なのは、「テオ・チョコレート」でしょうか(上写真)。オーガニック&フェアトレードのカカオ豆70%使用。それなのにひとバー3ドル前後というお得感(スーパーのセールでは、たまに2ドルとかになってます)。

また、フレーバーの豊富さも魅力です。レモン味やルートビア味など、期間限定フレーバーが出るのも楽しい。何種類か買っていって、「好きなの1枚引いてね」とチョコバー・トランプ遊びもできます。

溶けにくいし割れにくい、スーツケースの隙間にスイッと入れて持ち帰ってください。

 

4 リップクリーム(1本3ドルくらい)

シアトルのリップクリーム

メイク・ケア用品って、人によって好みや体質に合う合わないがあるので、なかなか送りにくくないですか。でも、リップクリームならハードルが低いと思っています。

この「ムーン・バレー」の商品はすべてオーガニック、ほぼ地元産の材料を使用。自然な色と香りが、唇にやさしい。

このブランドに限らず、ワシントン州・お隣オレゴン州産のリップクリームは質の高いものが多いです。ココナッツやオレンジ、ハニーやベリーなどおいしそうな香りばかりで、個人的にはダイエット効果もあるんでは……と睨んでいます。小腹が空いたら、おやつをつまむ代わりにリップを塗るのです!

5 トランプ風刺グッズ(ひとつ2ドルくらい)

トランプ大統領風刺グッズ

最後は送る人を選ぶお土産ですが、トランプ大統領の風刺グッズなんていかがでしょ。

シアトルはリベラルでプログレッシブ(進歩的。こういう言い方を好まない人もいますけど。反対勢は“後進的”だとでもいうのか! って訳です)な都市。シアトル市長も、堂々と「我々はトランプ大統領と闘う」と宣言しているくらいです。

もちろん先の大統領選では、敗れた青色(民主党)が優勢の選挙区でした。今でも「ヒラリー・クリントン応援します」という旗やポスター、または「オバマ大統領が懐かしい」なんてステッカーをよく見かけます。

そういう土地ならではの、アンチ・トランプ・グッズ。写真の品は、缶ケース入りのミントタブレットです。国家の「エンバラスメント(恥)」と「ミント」をかけているんですね。

「THEY’RE YUGE!(すげーなー!)」というのも、トランプ大統領の口癖を揶揄したもの。正しくは「They’re huge!」ですが、彼の言い方だとhが抜けているように聞こえます。「huge」は物の大きさ、量の多さ、物事の偉大さを表す形容詞ですが、彼のようにやたらめったら使うとおバカに聞こえちゃうんです。若者がなんにでも「ヤバいー」って言うみたいな。

彼の帽子に書かれた「MAKE AMERICA HATE AGAIN(アメリカを再び憎しみだらけに)」は、選挙中のキャッチコピー「MAKE AMERICA GREAT AGAIN(アメリカを再び偉大な国に)」のもじり。選挙中から、反対派に使われていたフレーズです。

そして彼のツイッター文面は、このミントにあるようにビッグレター(大文字)が多いのですが、強調するときならまだしも、すべてが大文字だと! 怒鳴っているような叫んでいるような!! 非常に粗野な印象を受けるんです!!! この一文みたいにね!!!!

そういうトランプ大統領をからかうお土産。ミントもパッケージも辛口ですが、洒落のわかる人にどうぞ。

 

以上、シアトルのばらまき土産5選でした。

どうぞ楽しいご旅行を!

読者「うーん、でも……」

え、なんですか?

読者「なーんか、垢抜けないなぁ。もっとお洒落で配りやすいおみやげないの? 東京ばな奈とか、ご当地キティーちゃんキーホルダーみたいにさぁ!」

ええと、残念ながらそれは叶わぬお望みです。なぜなら、アメリカにはおみやげを贈る習慣が日本ほどないから。「ばらまきみやげ」という文化はさらにない。

強いていえば、クリスマスのストッキング・スタッファーズ(stocking stuffers)がそれでしょうか。靴下に詰め込んで、とにかくカサを増すためのギフト。キャンディーとかヘンテコな筆記用具とか香りキツめのハンドクリームとか、「特にいらないけど、まぁもらっとくか」と思われる確率では、ばらまき土産に近いです。

こまごましていてカラフルなものが多いので、クリスマス前後にアメリカへ行く方はお店の stocking stuffersコーナーをチェックしてみるのも一考です。

それでは今度こそ、よいご旅行を。行ってらっしゃい!

【文・写真 小太郎】



スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. М子 より:

    Tony’s Coffeeは美味しいですよ!  よそだと結構高いけど、ターゲットだと$5.99だったかな?  半分くらいの値段で買えます。  

    1. Yukio Yanagisawa より:

      海外書き人クラブお世話係の柳沢です。コメントありがとうございます。
      私が住むオーストラリアでもターゲットは総合スーパーとして人気で、安いです。

コメントを残す

*