【ミャンマー在住ライター直伝 】スーパーで買えるお土産5選

ミャンマーの紅茶入りインスタントコーヒー

ミャンマー最大の商業都市ヤンゴン。観光やビジネスなどで年々訪れる人は増加傾向にあります。そんなみなさんが一番頭を悩ませるのがお土産!!

こんにちは。海外書き人クラブ新会員、ヤンゴン在住の布施浩士です。私もかつて観光で訪れたときは何を買ってこうか悩んだもの。でもここに5年住んだ今わかった「ベストオブミャンマーみやげ」を公開しちゃいます。

スポンサーリンク



 

1 Peanut brittle

ミャンマーのピーナッツブリトル

一番の人気はピーナッツを水あめで固めたお菓子「ピーナッツブリトル」です。

サクッとしていて、しかし甘すぎない味がプレゼントした人には好評。お菓子なので小さいお子さんのいる家庭にもおすすめです。その他にもカシューナッツを使用したものなどあり、中には帰国時にリクエストされることもあるくらい「中毒者」も続出!!

  • スーパーの店頭参考価格 30個入り3,000チャット(約240円)

 

2 Plan Beeの蜂蜜

ミャンマーのハチミツ

シャン州で生産されるオーガニック蜂蜜です。容器もプラスチックのため割れにくく、預け荷物に入れても安心。甘すぎないさらっとした味が紅茶や料理に大活躍。少量生産なので在庫が少ないのが玉に瑕です。

  • スーパーの店頭参考価格 1000グラム入り7,000チャット(約560円)

 

3 コーヒー豆

ミャンマーのコーヒー豆

こちらもミャンマーの北部の涼しい高原地帯、シャン州やカヤー州で生産されるもの。ミャンマーは最近、コーヒー豆の輸出にも力を入れていますが、まだまだ「知る人ぞ知る」状態。珍しさも相まってコーヒー好きには特に喜ばれるでしょう。

小分けのパッケージのものや、挽かれて粉になったものなど様々です。

  • スーパーの店頭参考価格 220グラム入り2,500チャット(約200円)

 

4 4 in 1 caffe

ミャンマーの紅茶入りインスタントコーヒー

ミャンマーでよく飲まれているインスタントコーヒーのブラントです。中身はコーヒー、砂糖、ミルクとここまでは普通のインスタントコーヒーですが……なんとそこに「紅茶」が入っているんです!!

コーヒーなのにうっすらと紅茶の香り。飲みやすく、ウケ狙いでも喜ばれます。

  •  スーパーの店頭参考価格 900グラム4,200チャット(約320円)

 

5 ラペットウ

ミャンマーのお茶ふりかけ

意味は「お茶」。といっても飲むお茶ではなく、ミャンマーでは「食べるお茶」と言われよく食卓に上がります。

中身は発酵させた茶葉にピーナッツや揚げニンニク、干しエビ、ゴマ、豆、唐辛子などを混ぜたもの。塩をふりかけ、ピーナッツオイルで和えて食べます。各家庭でオリジナルのレシピがありますが、すべて入った市販のものもあり、気軽に買えます。パッケージもミャンマー語のかわいい文字。ミャンマーみやげを強調したいときには特にオススメです。

  •  スーパーの店頭参考価格 1パック1,600チャット(約130円)

 

以上、ミャンマーの首都ヤンゴンのスーパーで買えるオススメのおみやげ5選でした。

【文・写真 布施浩士】

 

  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  • 「海外在住ライターを使ってみたい」とお考えの方。
  • 「海外在住ライターになりたい」と思われている方。
  • 【海外書き人クラブ】の紹介(公式サイトリンク)が
  • このページの下部にあります。ぜひご覧ください!
  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*