【オーストラリア在住ライター直伝】「リッチフィールド国立公園」4つの見どころ(オーストラリアアウトドア部)

フローレンスフォール

みなさ~ん。カラダ、動かしてますか~? 生きていることだけが取り柄、海外書き人クラブ所属、オーストラリアアウトドア部のユッキーです。ユッキーです。今回はオーストラリアのノーザンテリトリー(北部準州)の州都ダーウィンからほど近い「リッチフィールド国立公園」(Litchfield National Park)を紹介します。


はい、そうなんです。「リッチフィールド」というカタカナからはついつい「Rich field」という英語が浮かんで「肥沃な大地なのかしらん?」と思ってしまいますが、スペルは「Litchfield」です。たぶんこのあたりを開拓したか何かした人の名前でしょう。

同じダーウィンから行ける国立公園としては「カカドゥ国立公園」のほうが有名ですね。あっちは世界遺産だし。この「世界のコトなら」でもいち早く紹介されていました。でも「リッチフィールド国立公園」も負けず劣らずいいところなんです。いや、カカドゥを凌駕している部分もたくさんあります。

スポンサーリンク




 「リッチフィールド国立公園」が「カカドゥ国立公園」と比較して優れている点

  • ダーウィンから近く、見どころも集中しているので、日帰りで充分満喫できる
  • 「天然のプール」などで水遊びが、簡単に楽しめる

 「リッチフィールド国立公園」が「カカドゥ国立公園」と比較して劣っている点

  • 絶景度は低い
  • ワニはたぶん目撃できない
  • アボリジニなるアートは鑑賞できない

つまり、「カカドゥ国立公園」は「文科系」、「リッチフィールド国立公園」は「体育会系」中心の楽しさですね。極めて大雑把にいうと。つまりは別々の楽しさがあるから「両方ぜひ」ってことです。

さて「リッチフィールド国立公園」に行くには、通常バスツアーに参加します。大手の旅行代理店のツアーから、こんな感じのマイクロバスで行くパッカーツアーまであれこれです。

ツアーバス

見どころ1 巨大アリ塚

アリ塚

ダーウィンを出発して1時間半ほどで「リッチフィールド国立公園」に入ります。その後10分ほどして、この巨大アリ塚(Magnetic Termite Mound)に到着。「巨大」と言われても大きさがわからないかもしれないので、モデルさんに入ってもらいましょう。

アリ塚と横に立つ人

……いやいや、素人はこれだから困る。仕方がない。私がやるっ! どけっ!

なんてことは言いませんが、こういうものはやっぱり……。

アリ塚を押し倒そうとしている人

……こうやって支えるフリして撮らないと。カメラマンさんもちょっと右肩下がりで撮って、「支えている感」を出してくれていますね。意図したんじゃなくて、笑っちゃって水平が取れなかっただけかもしれませんが。

それからこんなもんで倒れるものではないので安心してください。それと、無茶苦茶硬いんです。

見どころ2 フローレンスフォール

フローレンスフォール

次の見どころがこの「フローレンスフォール」(Florence Fall)です。「おいおい。確かにいい景色だよ。けど、これじゃあ、全然体育会系じゃないだろがっ!」という声が聞こえてきそうですが……。安心してください。あの滝つぼまで歩きます。階段をがんがん下って。

そして到着するのがここです!

フローレンスフォールの滝つぼ天然プール

ふうっ、しあわせ~。

近づくと滝もなかなかの迫力です。右下の青年、ちょっと痛めつけられている感があります。

フローレンスフォール

帰りの階段に関しては書くのをやめておきます。水、水を……。

見どころ3 バリーロックホール

バリーロックホール

「フローレンスフォール」と違って、この「バリーロックホール」(Buley Rockhole)は駐車場からすぐそこです。

バリーロックホール

普通に泳ぐのもいいですし、小さな滝みたいになっているところで水流を浴びるのも幸せです。「天然のジャクジー」というか、「天然の打たせ湯」というか。

見どころ4 ワンギフォールス

ワンギフォールス

ツアーの締めくくりはだいたいこのワンギフォールス(Wangi Falls)だと思います。

ここは基本的には「遊泳可」なのですが、獰猛で人を襲うこともあるイリエワニが「期せずして侵入していることもある」そうです。雨季になってあちこちの池や川が氾濫すると、入ってくるんでしょうね。

毎年雨期明けにはチェックして、もしいたら捕獲して、人が立ち寄らないエリアに移送しているようですが、もしも「閉鎖(Closure)」の標識があったら絶対に入らないにしてください。もうすでに二か所で泳いだので、泳ぐ気がしないかもしれませんが。

最後に、「リッチフィールド国立公園」全体の案内図を貼っておきます。

案内図

以上、「リッチフィールド国立公園」4つの見どころでした。ダーウィン訪問の際は、カカドゥ国立公園だけでなく、ぜひこちらもお立ち寄りください。

他の「オーストラリアアウトドア部」の記事もぜひご覧ください(このページの下のほうにあるタグがあります)。

【文:海外書き人クラブ ユッキー】

 

(「海外在住ライターを使ってみたい」と思われている方。「海外在住ライターになりたいと思われている方。耳寄りな情報があります。ぜひこのページの下のほうまでご覧ください)



スポンサーリンク




スポンサーリンク






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*