「カエル料理を食べますか?」の「閲覧注意画像」

「世界のコトなら」の記事「【海外在住ライター直伝】「ウサギの肉を食べますか?」世界23ヵ国で訊きました」の閲覧注意画像を集めたものです。

ショッキングな画像も含まれるので、苦手な方はご覧にならないようにして、こちらの本文をご覧ください。

まずはタイの市場に並ぶもの。ええっと……これは生きているんですよね? 「生け捕り」状態ですよね? まあ、鮮度抜群でしょうが……。

生きたまま売られるカエル

タイ在住ライター(元)森純さん提供

 

次はカンボジアの市場に並ぶもの。……ううっ、魚に対する食欲まで一気に霧散しそうです。

市場で魚といっしょに売られるカエル

カンボジア長期滞在中ライターの森純さん提供

 

ペルーでカエルを嬉々として持つお方。……じつは私、持つのすら無理なんです。

カエルを持つ女性

ペルー在住ライター原田慶子さん提供画像

 

皮を剥がれたカエル。これで生ぬるいジュースというかスープにするようです。

鍋に入れられたカエル

ペルー在住ライター原田慶子さん提供画像

 

そして次が皮をむいたカエルの脚とのこと。鶏肉・手羽元の「チューリップ」に似ていなくもないですね。……あっ、これは書いちゃダメなやつだったか。

カエルの脚の肉

 

以上、「カエル肉」の閲覧注意画像でした。

というか……。興味のある方は「カエル料理」で画像検索してみてください。クラクラするもののオンパレードです。絶対にオススメはしませんが。

【海外在住ライター直伝】「カエルの肉を食べますか?」世界23ヵ国で訊きました」の記事本文は、こちらをご覧ください。

(文 柳沢有紀夫)

スポンサーリンク




スポンサーリンク







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外書き人クラブにお任せください!

「海外書き人クラブ」は2000年に設立された海外在住日本人ライター・カメラマン・コーディネーター・翻訳者の集団です。2018年現在80ヵ国270名以上の会員が在籍中。日本国内のライターやカメラマンの手配も可能です。

【新聞社・出版社】では、朝日新聞社様・ぐるなび様・小学館様・新潮社様など

【広告会社・マーケティング会社】では、博報堂様・電通パブリックリレーションズ様など

業界の最大手や有名企業の皆様とも直接取引。経験と実績があります。

また新規会員も随時募集しています(入会金・年会費無料)。

海外情報をお求めの方、ぜひこちらをご覧ください。

海外書き人クラブの詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*